メニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
その他
その他 : 労働基準監督署に厚生労働省告示違反の追加報告
投稿者 : yoshida 投稿日時: 2010-02-04 10:58:02 (1954 ヒット)

                   2010年2月3日

京都上労働基準監督署長 殿

        京都大学吉田事業場過半数代表  宇仁宏幸
        京都大学職員組合中央執行委員長 松波孝治

京都大学における厚生労働省告示第355号違反の追加報告

われわれは、すでに2010年1月19日付けで上記違反を、貴監督署に報告し、京都大学に対する行政指導を要請しました。その後、本年1月4〜25日分の特別時間外勤務(36協定の特別条項が適用される超過勤務)通告書が、1月25日に過半数代表者のもとに届き、違反の件数が増加していることが判明しました。この違反の増加を以下の通り報告するとともに、6回を超える特別条項適用という上記告示違反をやめること、ならびに告示を遵守した内容に36協定を再改定することを京都大学当局に対し、ご指導いただくよう、再度お願い申し上げます。
下表のとおり、特別条項適用月数が今年度7回となるケースは、昨年12月末では5名でしたが、1月25日現在では、7名となりました。また、下表の( )内に示されている通り、今年度の累計限度時間数通告により特別条項適用月数が7回以上となることが確実なケースは、昨年12月末では4名でしたが、1月25日現在では、12名となりました。年度末の業務繁忙により、このままいけば、違反件数は今年度末にかけてさらに増加すると考えられます。
われわれは1月22日に、労働時間短縮推進委員会委員長、総務部長および職員課長と話し合いの場をもちましたが、大学側はこの件は通達違反にすぎずその是正は行わないと述べ、話し合いは不調に終わりました。
                                  以上


2010年1月25日現在で特別条項が今年度7回、6回、5回適用された職員の部署別人数
  ( )内の数字は年度限度時間通告により、今年度6回を越えることが確定している人数を再掲
            7回適用  6回適用  5回適用
契約・資産事務センター   0    3 (2)   3 (2)
人事・共済事務センター   2    2     0
財務部           0    5 (5)   3 (2)
総務部           4    0     3
企画部           0    1     1
研究推進部         1    0     3
国際部           0    0     2
施設環境部         0    2     3 (1)
法学研究科         0    0     3
医学研究科         0    0     1
合計            7   13 (7)   22 (5)


印刷用ページ このニュースを友達に送る


Kyoto Univ. Labor Union is offering this Web site.
Powered by XOOPS 2.0 © 2001-2003 The XOOPS Project